Posts Tagged ヤマモモ

ヤマモモ 山桃

Posted in 染料植物, 色と染めのこと | No Comments »

山桃の樹皮による染めに

いま夢中。。。

飛鳥時代の綴れ織りに

山桃によるグリーンが残っているのだけれど

この色が好き。

そのグリーン、薄色も微妙な色合いで

好ましい。。。

その色で色無地を作ろう。。。。

一つの色の

Posted in 色と染めのこと | 1 Comment »

植物の持ちうる色彩は

複合的な作用である。

多くの波長域、特に

紫外線領域を持つ。

それまでも染め付ける。

そのことで、色は

一つの色という単純な物ではない

何かにつながっているような

光のメッセンジャーのような存在へ。

久しぶりに写真

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

久しぶりに、サイトのデザインを変えてみました。

そして久しぶりに写真をアップ。

右のカリヤスがあまりに目立つのですが

ムラサキも肉眼では激しく発色してきました。

グリーン系グレーの糸も。

最後に着尺の染め。

冬から準備をして、最近染めていたもの。

着尺をヤマモモの染液に通したあと、干しています。

このあと洗いに入ります。

この着尺はグリーンに発色させる予定。

着尺の染付け

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

冬の間に裸にする作業を施してあった

色無地着尺の染め最終段階へ。

飛鳥時代の遺品に見られる

ヤマモモによる緑になる予定。

黄色系

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

久しぶりに大量の糸を染めた。

糸染めでも布でも着物の分量を染めるのは

体力的にも精神的にも厳しい。

カリヤスを絹糸と見本布とに。

青みの蛍光。

数枷のヤマモモ染めも。

いま安曇野に咲き誇る山吹色を。

脱力。

今年の色

Posted in 糸と布, 色と染めのこと | 2 Comments »

P1010007

風にさらしている布や糸を桐箪笥にしまう。

今年、染められるようになった色達。

すほう、紫、紫による捨て汁染め色、鈍色、

ヤマモモの緑、捨て汁染め、山吹、木賊、黄金色。

来年にはまた、この辺り一帯に多い針葉樹や、栗の色も

染めていくだろう。

ヤマモモ採集

Posted in 日々, 染料植物 | No Comments »

引越間近に、、、、

ヤマモモの樹皮を採集に、地元の小さな山へ行く。

新たなヤマモモを何本も発見!

しかも高木の多いところにあるせいか

幹が直立していて、樹皮を剥ぐのには

とても好都合!

そんな木々を、今日に限ってたくさん発見、、、、。

直立していて、

低いところに枝がないので

ヤマモモとは思わなかったのかもしれない。

今日は、

ヤマモモの樹皮の感じだけを頼りに探したので

発見できたのだろうか。

染色の探求を始めたばかりの頃に

剥いだ樹皮の後にはすでに新たな樹皮ができあがっている。

もう、5年になる。

染め色の秋

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

Image088

仕事が全然出来ていない中、

染め色の試しをする。

ヤマモモの鉄発色による緑色。

法隆寺宝物の中にも見られる色。秋の気配。。。

(でも、布に当たる日差しは、夏!)

色を見る。

Posted in 糸と布, 色と染めのこと | 5 Comments »

DSC03536

いつもと違うカメラで。

糸のや布の状態と、染めの状態で、色の発現が変わる。

それを写真に撮ると、はっきりわかる事もある。

レンズと人間の目はかなり違う。

もう一つ、ヒトには心があるので、

自分の仕事をごまかして見てしまうこともあるかもしれない。

それには用心用心。

 

カリヤスの黄色改め、ヤマモモ追加で着尺進行。