Posts Tagged ハンドパペット 幼稚園 手芸 染める ダイロン

ハンドパペット作り

Posted in 日々 | No Comments »

dsc03511

もうすぐ6歳になる息子の通う幼稚園は、信貴山の山の上。

自然いっぱいのすてきな公立幼稚園。

教育方針も、非常に柔軟で創造性にあふれる。

子の幼稚園には何十年も前から、お母さん方による人形劇サークルがあり

一度消えかけたものの、遺産として残された人形たちを生かそうと、

サークルが3年前から復活。

今年は、ちょっとしたお手伝いのお母さんもたくさん増え、

て思いの外大所帯。

古くなった人形をどうにかしたいという声を聞き、

ついつい、昔取った杵柄で、

ハンドパペット(口パク人形)を大急ぎで作り上げた。

(頭だけ!服とか手はお古)

 

 

小学二年生の時、学校から帰ると、机の上に小さい裁縫道具と、

マスコット人形の作り方の本とフエルト生地が置いてあった。

どうやって、針と糸の使い方を覚えたのかは記憶いないけれど

母がくれた道具と材料で初めて作ったものは良く覚えている!

本は全く無視して、「おしりの赤いサル」をつくった。

それは、自慢するためにいとこに見せたのだが、

欲しいとねだられ、父にあげなさいと言われ、泣く泣く手放した。。。

 

母が、布、裁縫、人形作りが大好きだったのだ。

(学生時代、美術の先生に人形作りをほめられ、

 作家に弟子入りを勧められたらしい!)

布屋さんに通い、母と私はそれぞれ好きな布を50㎝だけ買った来ては

コレクションしたものだ。

マスコット作りは、3年生になった頃にはかなり上達し

フエルトから、普通の布へ進化していった。

手芸は人形にとどまらず、刺繍、ビーズ、服(シャツなども!)と進化。

(刺繍でコンクールに入賞したことあり!)

から、インテリアのもの作りへ。

中学生の頃には椅子の張り替えまでしていた!

ついには気に入った色を求めて、染めた布で、テーブルセンターを制作。

生成のシーチングをうっすらピンクに染めた布は

素朴な風合いと、シックな色合いがとても気に入っていた。

 

というわけで、

思う色がなければ染める、という事は、私の中では普通のことなので

今回の人形の顔の生地もダイロンで染めたのだが、

化学染めでも染めるのは楽しい!と、思った私です、、、。