ポイントを逃す。

Posted in 日々, 色と染めのこと | No Comments »

うっかり、二つの小さな鍋で、染液を作っていたことを忘れ、

必要以上の時間が経過し、染液が使えなくなってしまった。。

うう。

金土日と、イベントや会議やらがありすぎて

疲れている。夕方うとうとしてしまった、、、。

昨日も、、、。

子供が買ったばかりのサッカーボールで遊びたいと言って

寄り道した「あがたの森公園」

ベンチで、

サッカーする父と子を見ながら、

日傘を掛け布団代わりに寝ていたのは私です。。。

春。光。

Posted in 日々, 糸と布 | No Comments »

やっと、春。

気温が低く春が来ている気がしなかったけれど

花は咲き、花に送れて気温がやっと上がってきた今日この頃。

もっともっとふかく、染織に集中したい。

古代の染めへの畏怖をカタチにしたいのだ。

伝えたい。そのための今までなのだ。

写真はカリヤスで染めた糸。どんなに薄くても、カリヤスの光。

Posted in 日々 | No Comments »

本日大雪。45㎝ぐらい積もった安曇野。

久しぶりの日記。皆さんお元気ですか?

大雪は終わり、夜ドライヤーで髪を乾かしながら

偶然何となく

松岡正剛氏の「中沢新一 対称性人類学」の書評を読んだ。

http://1000ya.isis.ne.jp/0979.html

私は結構中沢新一氏の本は読んできたけれど

そのことを、あまり周りに言わないでも来た。

いつも、どこか腑に落ちない感触を得てしまっていたから。

その答えが、松岡氏の書評で、腑に落ちた。

中沢新一氏の思想の道程は立ち寄る場所も、観察眼も鋭くて

魅力的なのに、旅の終わりに開けてくるなにかが

「わたしにとっては」それではない、という気がしていたのだ。

こんな雪深いシンとした夜には

読書や思索にふけるのがとてもお似合い。

ツイッターで見知らぬ人から

「ルネ ゲノン」という人を研究している云々というコメントがあり

ルネ ゲノンて、だれ?と検索しているうち

松岡氏の中沢新一の書評がひっかかる

そんなこんな近頃の夜。

 

逃避

Posted in 日々 | No Comments »

世の中、色々なことで波が立っている

尖閣諸島だとか、アベノミクスだとか

はだしのゲンだとか、オリンピックだとか、風立ちぬ だとか

「風立ちぬ」は私も見に行ってしまったから

ヒトのことは言えないけれど

そんなときに枕草子を読んでみる

ちょっと今の日本から逃げ出したくなる今日この頃

茗荷

Posted in 日々 | No Comments »

今までと違う、一段違う方法をつかんで

その方法で染めてる。

何年かぶりでやっと更新された私。

写真は

毎年この季節に庭で採れる茗荷。

 

 

 

 

Posted in 日々 | No Comments »

夏の記録。烏川渓谷。子供の自由研究で石拾い。

花崗岩のかなり立派なもの。

水冷たい!

整理整頓

Posted in 日々, 糸と布 | No Comments »

お久しぶりです。

最近写真を撮っていなくてだめだーと重い

今日は夜になってからついに写真を撮ってみました

今日は、新しく制作中のもの達のだめに

過去の糸を一つの引き出しに詰め込んでみました!

 

放置はよくない?いい?

Posted in 日々 | No Comments »

ごぶさたしております。

いきています。

ブログの放置がひどすぎて、ログインパスワードを忘れてしまい

余計面倒に、、、(笑)

こんなことではいけない。

やりすぎもだめだけど、やらなすぎもだめ。

いろんなことで、いろんな場面で。

とにかく、がんばってます。

今日は、ウォーミングアップと言う事で

続きはまた、、、、(笑)

雨の安曇野より

 

フェルメールのラピスラズリ

Posted in affected, 日々 | No Comments »

(写真は大阪国立民族学博物館です)

内容盛りだくさんの関西への旅に出ていました。

穂高の天蚕に関わられている京都の矢代仁様をご紹介いただいたり

着物が縁での女子夕食会で念願の顔合わせ、、また旧交をあたため

武庫川女子大のお召しの展示へお誘いいただき教授にレクチャーを受け

大阪民博のアジアの織機展覧会でも貴重なレクチャーを受け、、と

刺激の多い大変勉強になった旅でした。

その中、必ず見たかったフェルメールの

「真珠の耳飾りをつけた少女」に神戸で対面することができました。

フェルメールは、ターバンだけでなく、

この少女の顔の下地に、ラピスラズリから作った

ウルトラマリンブルーを塗ったのです。

奥行きがあり光を発する肌の色は、独特、唯一無二のもの。

当時、金と同じ値段だったラピスラズリを

ふんだんに使ったことでも知られるフェルメール。

ラピスラズリが蛍光を発していることは、最近になって知られるようになったのですが

産地によっても成分が異なるため、蛍光の色も違うのです。

フェルメールの使用したラピスは、アフガニスタンのものと、判明しているようです。

若冲も、アフガニスタン製の群青を多用した画家で、他にも何人かいるようです。

フェルメールはラピスラズリにきれいな青、という以上の何かを感じていたのではないか

なにか、書き残してはいないのでしょうか、、、

 

 

 

綜絖改造!

Posted in 日々 | No Comments »

綜絖の改造に、三たび挑戦中。。。。

どうしてやってみないとわからないのか

自分がもどかしいが、仕方ない、、、。

とにかく改造!

綜絖に通す糸の通し方を変えるだけの単純作業。

こういうときに、音楽やyoutube は

かかせませんね。

そして休憩には庭仕事に掃除。

寒い冬に出来ない仕事の数々、、、。

冬までにやることやらねば。