Archive for the 講座 Category

講座もそろそろ再始動

Posted in 安曇野, 講座 | No Comments »

ひそかに、染めも再開していて、

植物染めの

新しい生徒さんも集まりつつあります。

密かに、再始動しています。

基本的にはいまのところ、個人のみです。

初心者でも、経験者でも、個人で受けられます。

個人の都合に合わせて日取りを決めています。

複数人による、

初心者の実技講座、ワークショップもしたいのですが、

我が家の工房ではまだ出来ない状況です、、、。

安曇野で、どこか借りられないかなー。

なにか、良いチャンスが出来ますように!(他力本願、、、)

面接、相談は、いつでも申し込みできます。

いちど内容を聞いてみたい方は

教室案内をお読みの上、メールにてお問い合わせを。

染料の吟味

Posted in 色と染めのこと, 講座 | No Comments »

「染めたい人へ」の中に

染料の吟味を書きました。

染めたいみなさん、、、よろしければお読みくださいませ。

教室案内更新しました

Posted in 講座 | 2 Comments »

突然ですが、教室案内を更新しました。

奈良での講座は8月で一応の終了を迎えます。

今後は、長野県を中心に活動を始めるわけですが、

工房も、織りの部屋も一応?出来るのでいろいろなことが出来そうです。

まずは、

講座でお教えしている内容の概略がわかるようにしました。

鍋島段通

Posted in よきもの, 講座 | No Comments »

月に一度の講座の日が、ちょうど

鍋島段通の展示会だったので急遽生徒さんを連れて

行ってきました。

ご存じない方も多いのでは。

江戸時代からの長い歴史があります。

木綿による手織り、草木による染め。

中でもやはり目を引くのが、赤の色。

これは、九州に育つ日本茜でしか染められない色。

京のお家元、井上家でおこなわれる「事始め」で

畳の上に敷き詰められているのが、この段通。

木綿は有機栽培の物だとのこと。

植物染織研究会で、佐賀県の工房の見学をさせて頂いたのですが、

工房では100年以上前の段通を数枚見ることができます。

また、段通にふれ、座ることもできます。

すばらしい柄と、技術だけでなく

木綿の通気性調湿性が、いかに日本にあっているのか実感できます。

東京でも年に2回展示があるそうですので

気になる方はお問い合わせを。

今年初めての講座

Posted in 講座 | No Comments »

dsc007302

17日は、今年初めての講座の日でした。

狭い我が家での講義です。

自宅は奈良の生駒山系の南端、信貴山の麓にあります。

ここも、都会からはちょっと奥まっていて通いづらいのに

実は、夏頃長野県へ引っ越しをしてしまうので

近畿の生徒さんとは、

なかなかお会いできなくなるかもしれません。

なので、区切りとして、近畿の生徒さんたちの

教室展をしたいなという、話になりました。

「何か無いと、進まない気がします」

とのこと。

しかし、常にしつこく?通われている方はごく少人数、、、、

子供が生まれたり、仕事が忙しかったり

いろいろな理由で、通えない人も多いのでした。

まあ、なんとか、こじんまりでも、

やってみたら面白そうです。

年の初めに目標が出来るのはよいことでは!

さあ、どうなることやら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真は、蛍光を発する繭の写真です。

今ノーベル賞で話題のではなく、もともと

天然に蛍光を持っている繭です。

これから、筑波の農業生物試験所レポートを

コラムにアップしようかと思っていますが

今日できるかしらん?