Archive for the 染料植物 Category

Posted in 日々, 染料植物, 色と染めのこと | No Comments »

IMG_6712

新年には必ず染めたい、今染めるべき色。紫。

冬はすっきりと際立たせる。気持ちも染め色も。

 

紫苑

Posted in 日々, 染料植物, | No Comments »

IMG_5052

先日昔所属していた歴史の長い建築設計事務所のOBOG会があり、

故芦原義信先生の13回忌の年でもあり、20年ぶりにみなさんにお会いするため上京。

ぜひ着物で、、という先輩からのプレッシャーで慌てて自分の着物を作る。

この時期は天候が変わりやすくまた季節感のこと、時間がないことも考えて

着物の色は薄い一色どんな帯でも大丈夫なグレイッシュな色を選んだ。

紫根による染め。紫と鈍色の中間のような藤色。

帯はどうするか。

手元に4メートル程度の織り布。

これは2011年の震災直前から織り始めていて、原発事故のニュースを耳で聞きながら織っていた布だ。

着尺になるはずだったこの布を私は計画通りに進めることができなかった。

やみくもに織った。気持ちをぶつけて織り続け、ある日途中で織れなくなった。

ヤマモモとすほうによる肌色の縦糸に

かりやすと紫による「あを」、やまももによる緑、その他その他、、、

 

ちょうど秋のこの時期、平安期のかさねの色目「紫苑」に重なる色。

ふと、花言葉を調べてみると、、、

花言葉 追憶 君を忘れない 遠方にある人を想う

 

私は、この布を帯にすることに決めた。

 

終わる始まる

Posted in 染料植物 | No Comments »

IMG_4957

怒涛の夏も終わり。

そして秋。

頭がすっきりして、気持ちの良い季節になる。

写真は山栗の木の幹を試しに煮ているところ。

本番はもっと細かくしなければ。

 

 

糸糸糸はたのし

Posted in 染料植物, 糸と布 | No Comments »

IMG_4652 (3)

糸の種類の違うものをいろいろ染め。久しぶりに糸を染めると

あまりの楽しさに高揚する!布を創るという至福。

左上が、大分の方が山で栽培されているクチナシ。日本の本当のクチナシ。

左下は、伊吹山のかりやす。黄色といってもこのバリエーション。

紫は中国の天然の紫根。

まだぬれている糸たち。

法隆寺宝物館

Posted in affected, 染料植物 | No Comments »

IMG_4340

甦った飛鳥・奈良染織の美-初公開の法隆寺裂-
見て来ました!国立博物館法隆寺宝物館で9月15日まで。

小さな裂達、、、茜で染めた色の迫力。

http://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=3936

巨大茜

Posted in 染料植物 | No Comments »

子供の通う小学校の中庭の植栽の中から

生え出ているのは、、、アカネ!

先日、わざわざ写真を撮りに、小学校へ行ってきました(笑)

かーなーり、巨大な葉っぱ、太い茎です。

根っこが太そう、、、

しかし、植栽の中から出ているので、

引っこ抜くには、植栽ごとでなければ!

無理ですね、、、。

信州では、公園の植栽などのなかから

あるいは、針葉樹の根元から、

かなり太い茎のアカネが生え出ていることが多いのです。

どうしてなんでしょうね。

我が家の茜も育っております。

 

まだひよっこですね。

近所の草むらにもかなり生えています。

でも、九州で査収したほど、真っ赤じゃない、、、

このままでは、染料としてはだめなのです。

芯から真っ赤な茜にするために、畑を作りたい!

今年こそ、,,(梅雨の間にしなければ!)

 

紫根を収納

Posted in 染料植物 | No Comments »

なんと、今年初めての写真投稿、、、。

すっかりブログの更新が出来ていないのですが

何もしていないわけではありません。

染めもしているし、色々やっているんですが

ついつい写真も撮らず、慌てふためいて暮らしている今日この頃。

これは、紫根を、収納している最中の写真です。

問屋から何十㎏という単位で購入しますが、

それは段ボールでどかんと届きます。

そのままでは絶対にだめなのが紫根。

まず、昇華性の性質であるので、放っておけばどんどん成分が無くなってしまいます。

そして、ビニル袋はだめ。ビニル袋が染まり、そうなれば二度と成分は出てきません。

さらに、春になって出てくるイガ、コイガが卵を産み付けるのです!

簡単な梱包では、ものすごい数の蛾が発生することに。

この蛾の幼虫は絹も食べるので、大変。

で、密閉容器に入れるのですが、新聞よりはアルミの袋がよいので

アルミ袋に入れ替えている最中なのです。

この作業は冬の間に終わらせなければなりません。

うっかりしていると、蛾が、、、。

紫根

Posted in 染料植物 | No Comments »

久しぶりに状態の良い紫根に出会う。

良い染料が無ければ、何も出来ない。

今年の安曇野のリンゴが芳しくないように

染料植物も時々による。

場所にもよるし、天候にも左右される。

永久という物のないこの星の上で

恵みに一喜一憂する。

ヤマモモ 山桃

Posted in 染料植物, 色と染めのこと | No Comments »

山桃の樹皮による染めに

いま夢中。。。

飛鳥時代の綴れ織りに

山桃によるグリーンが残っているのだけれど

この色が好き。

そのグリーン、薄色も微妙な色合いで

好ましい。。。

その色で色無地を作ろう。。。。

秋穂

Posted in 染料植物 | No Comments »

朝、空気に秋の気配!

某所へカリヤスを探しに行く。

某所は、長野の生徒さんに教えて貰った場所。

(こういう意味で、

生徒さんにはいつも助けられてます、感謝!)

ありました、、、、

しかし?暑すぎたのか、焼けてしまっているモノもあり。

移植用と、試し染め用を採集し

無事帰ってきたのですが、、、、

結局、

今日も暑かったですねえ、、、

暑さの中でも、

ススキもカリヤスも穂が出ています。

秋です。

気温もそろそろ落ち着きますように!