Archive for the 日々 Category

放置はよくない?いい?

Posted in 日々 | No Comments »

ごぶさたしております。

いきています。

ブログの放置がひどすぎて、ログインパスワードを忘れてしまい

余計面倒に、、、(笑)

こんなことではいけない。

やりすぎもだめだけど、やらなすぎもだめ。

いろんなことで、いろんな場面で。

とにかく、がんばってます。

今日は、ウォーミングアップと言う事で

続きはまた、、、、(笑)

雨の安曇野より

 

フェルメールのラピスラズリ

Posted in affected, 日々 | No Comments »

(写真は大阪国立民族学博物館です)

内容盛りだくさんの関西への旅に出ていました。

穂高の天蚕に関わられている京都の矢代仁様をご紹介いただいたり

着物が縁での女子夕食会で念願の顔合わせ、、また旧交をあたため

武庫川女子大のお召しの展示へお誘いいただき教授にレクチャーを受け

大阪民博のアジアの織機展覧会でも貴重なレクチャーを受け、、と

刺激の多い大変勉強になった旅でした。

その中、必ず見たかったフェルメールの

「真珠の耳飾りをつけた少女」に神戸で対面することができました。

フェルメールは、ターバンだけでなく、

この少女の顔の下地に、ラピスラズリから作った

ウルトラマリンブルーを塗ったのです。

奥行きがあり光を発する肌の色は、独特、唯一無二のもの。

当時、金と同じ値段だったラピスラズリを

ふんだんに使ったことでも知られるフェルメール。

ラピスラズリが蛍光を発していることは、最近になって知られるようになったのですが

産地によっても成分が異なるため、蛍光の色も違うのです。

フェルメールの使用したラピスは、アフガニスタンのものと、判明しているようです。

若冲も、アフガニスタン製の群青を多用した画家で、他にも何人かいるようです。

フェルメールはラピスラズリにきれいな青、という以上の何かを感じていたのではないか

なにか、書き残してはいないのでしょうか、、、

 

 

 

綜絖改造!

Posted in 日々 | No Comments »

綜絖の改造に、三たび挑戦中。。。。

どうしてやってみないとわからないのか

自分がもどかしいが、仕方ない、、、。

とにかく改造!

綜絖に通す糸の通し方を変えるだけの単純作業。

こういうときに、音楽やyoutube は

かかせませんね。

そして休憩には庭仕事に掃除。

寒い冬に出来ない仕事の数々、、、。

冬までにやることやらねば。

 

違和感があるなら

Posted in 日々 | No Comments »

違和感があるなら、勇気を持って

進む方向を変えること。

客観的な問題ではなく。

やっていくのは自分。

自分に合わないことは続かないではないか。

ということで、自分を取り戻し、また一歩。

着尺の展示

Posted in 日々 | No Comments »

長野善光寺の近くのギャラリーでの展示に

色無地着尺の展示と色見本展示があります。

長野での展示は初めてのことです。

私のあこがれの方と同じテーブルの上に展示され

小さな夢の1つがかないました。

9月1日から10日まで ご覧頂けます。

お近くの方は、メールを頂けましたらご案内致します。

 

 

熱を込めて。

Posted in 日々 | No Comments »

この夏がいつも通りの雷雨で終わっておくとしている。

前回の記事の後に、私にとっては大きな

偉大な人の訃報が届き

けれど夏休み、子供は毎日元気に飛び回り

その相手をすること、仕事、研究、そのほか夏ばて

オリンピック。

あまりに色々なことがありすぎ

私の頭は少々パニックになっていたかもしれない。

しかし、友遠方より来たり

世代交代のこの時代、微力ながら

出来る限りの事をやることが大事と、確認し。

地道に、心ある人と繋がりつつ

熱を込めて。

つながり合う

Posted in 日々 | No Comments »

このところ、FBその他ネットで、政治を話題にする人が増えたなあ、、

と、家人につぶやいてみたら

「ああ、楽しいからね」と言う。

そう?そうなの?政治の話しをするのって、楽しいのか。

私は少し考えて

もしかすると、着物の話で盛り上がるのと

変わらないのかもしれない。と、思った。

よいこともある、だめなところもある。

でも、自分にとっての一部であるものについて、

関心のあるもの同士が語ることで、繋がること。

たしかに、楽しい。

つまり、政治が他人のものでなくなった、ってことだ。

自分の身に降りかかる問題として

また、責任を持たなくてはならない問題を含むこととして

感じられる時代になったと言う事。

そのことを、共通の話題にして、話し、

同じ意見の人たちと、緩くつながり合う。

それは、楽しい事、のひとつ、かもしれない。

でも、、、

楽しいことばかりじゃないけれどね。

 

 

夢が、夢を

Posted in 日々, 糸と布 | No Comments »

着尺の地紋のデザインをする機会が持てそうなので、

色々考えていて、私の夢を思い出す。

機会があると、眠っていたやりたいこと、

夢が起き出してくる。

夢が現実に、、、ではなくて、夢を現実に!

そして、これからも、難しそうな夢を

真剣に描いて

ためておくことにしよう

 

 

 

 

熱湯

Posted in 日々 | No Comments »

台風一過、風が吹き、日差しが暑い安曇野で

熱湯をつくる。

熱湯からのむせるような熱気。

私の作業着は麻。

夏ですね。

それにしても、熱湯は怖い。

ありふれた文明の産物だけど、これだって十分に

恐ろしい。かぶってしまえば、死に至る。

副産物の湯気を放置すれば、家屋は腐り落ちる。

とにかく気を引き締めてやる。

人の文明の基礎にある火。

放射線も火の副産物。

火を扱うことをもっと真剣に考えたい今日この頃。

 

時は過ぎゆき

Posted in 日々, 糸と布, 色と染めのこと | No Comments »

時は過ぎゆき、色は発色してくる。

紫の布を洗う。余剰分が落ちて、したからきれいな顔が出る。

色にも顔があるね。

そして、隣では糸が裸になりつつある。

昔のように躍起になって急いで

精練したりしない私がいる。

年を取ると良いこともある気がする。

とにかく、時は過ぎゆき、過ぎゆくのです。