Archive for the 安曇野 Category

はつひ

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

にいとしのお喜びを申し上げます

曇りがちで初日の出は見えませんでしたが、かすかに日を浴びて

有明山は金色に輝きました。良い年となりますように!

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

太陽熱の恩恵のない日はとても冷えるので、薪ストーブの出番。

空気が乾くので、洗濯物も干すし、精錬も、キッチンでやる。

森の季節

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

今年は世間を騒がせた熊も冬眠に入り、

安曇野地域の警戒も解除され

子供のランドセルから、熊よけの鈴は外され

森の散歩の季節になった。

薪ストーブのたき付けのために

落ち枝を集めたり(木は時折、枝を落とす)

落葉の描く不思議な風景に出会ったりする。

白い落ち葉は、これから来る

雪の季節を予感させる。

晴れのち名残の雪など

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

朝起きたら、またまた雪が、、、!

関東からは桜の便りも届くけれど

安曇野では近所の梅が咲いたばかり。

昨日の晴れ間に

庭木、、、といっても大きくなりすぎた

モミやヒノキを切ったご近所に伺って

伐採木を貰ってきたのだけれど

あまりに太いのは車の荷台に持ち上げられず、

坂道を蹴りながら転がして持ってきた。

白梅の古木もいただけることになった。

すでに庭は、原木市場のようだし

軒下や、玄関の中にも木がごろごろ。

紅梅の枝で、木綿を染めてみようかな。

雲生まれる。

Posted in 安曇野 | No Comments »

有明山の中腹に雲生まれる。

池田町にて撮影

藁と紙の形

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

SBSH0083

昨年末、穂高の新屋にある神社に、年越し自転車で行ってみたら、

年越しの祓のための、茅の輪がひっそりとあった。

山からこぼれ出たような森の梢の背高く、

囲まれた社は、しんとした空間の存在が美しい。

SBSH0082

そして、しめ縄は、シンプルで、細め。

雪の正月、まだ訪れていない、、、、

(ので、去年の写真なのです)

大晦日、雪。

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

SBSH0084

今年最後の日は、夜中から雪。

家の中は暖かいから、

大人は、きれいな景色に閉じ込められながら

ゆっくりと年越しの支度にいそしみ

子供は、外で遊ぶ。

関東育ちの私にとって、冬とは、寒い風のこと。

風は風速1メートルで、体感温度が1度下がるから、

10メートルで10度下がる計算。

加えて湿度は20パーセントぐらいに下がるため、

関東の冬は余計に寒い。

安曇野は寒くないです。風はなく、穏やかに降る雪。

さてさて、

今年一年も、家族や両親や、いろいろな方に助けていただいて、

無事切り抜けられたこと、感謝の念に堪えません。

私は、大晦日だというのに

ちょっと思いついた染めの実験をしたり、そんな変わらずなのですが

引越して、新しいいろいろな出会いがあり、

来年に向けての方向性も見えてきた今日この頃です。

とにかく、あらゆる事が始まったばかりです。

来年を実りある年にしたいと願うばかりです。

これまで出会った皆さん、これから出会う皆さんにとって

来年もすばらしい年でありますように。

4年前

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

SBSH0074

有明山に雪が降っているなと眺めながら

携帯を取り出すと、珍しい友人よりメール有り

共通の友人の件でとあり、

不吉な予感す。

共通の友人は4年も前に、この世の物ではなくなっていた。

それも、自ら望んでのことであったと。

私たちはしばらく、無力さにさいなまされながら、

元気よく悪態をついて電話を切った。

友達って言うものは、そんなものじゃないはずなんだ。

gradation

Posted in 安曇野, 日々 | 1 Comment »

DSC00010

安曇野から、日本海に向かって、寒さのグラデーション。

安曇野での初講座

Posted in 安曇野, 講座 | 2 Comments »

本日、新装開店の?講座、第1弾の

新規の方とお会いしました。

駅へ、迎えに家を出る寸前に

メールチェックをしてみたら、、、

近くのお世話になっている薪ストーブショップの

奥様から、

「染めを習いたい!」との

熱いメッセージが届いていてびっくり

移動中に携帯で

「今移動中で、これから、自宅で面談と簡単な講義をします、

ごいっしょに如何ですか?」

とお伝えすると、

早速いらしてくださいました!

2時間ぐらい、

突風のようにしゃべってしまった、、、。

悪い癖です、、、。

ところで、遠方の方は、埼玉からはるばる。

お疲れ様です!

12時34分穂高駅着でいらして、

5時40分ぐらいの特急でお帰り。

なんと調度良い!

穂高は田舎ですけど、便利、、、