Archive for the 安曇野 Category

寒くても春!

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

今年は未だ寒い安曇野。

夕べも雪がちらつき、、

(それは安曇野の中でも、山沿いの辺りだけかも)

それでも、あじさいに小さな芽が付いていて

睡蓮鉢のメダカは産卵して!

春です、春です。

もうすぐぱーーーっと一気に安曇野の春が来ます。

きてくれなくちゃ、困ります、、、

 

安曇野、冬へ

Posted in 安曇野, 講座 | No Comments »

11月3日からの安曇野スタイル終了。。。

今年は工房公開をする、ということで

掃除をして、当日は展示、それから

沢山の人とお話しを。

これが終わると、これからぐっと冷え込んで、

安曇野の杜の中は徐々に冬眠に入ります。

 

 

 

色と光

Posted in 安曇野, 講座 | No Comments »

静かな夜に不意に満月と目が合う。

もう秋も中頃、、、、。

そしてもうすぐ

毎年開催される安曇野スタイル。

今年、自宅の他に、おそばふじもり さんでも

お誘いを受けて展示と、小さなお話しをする事に。

ライヤーと言う琴の作家さんと、ろうそくの展示も。

お話しは、色と光のこと。

静かな夜に。

(静かな夜のために、今は七転八倒!)

 

着物という物

Posted in よきもの, 安曇野, 日々 | No Comments »

今年も安曇野薪能を鑑賞できた。

急に寒く雨も降る中、体育館の中の

能舞台の上は、それでも、幽玄と荘厳さに充ちていた。

それはきっとかなり、着物、のせいだ。

着物は民族衣装に分類されるだろう。

数々の民族衣装はどれも

人を立派に見せる。

しのほとんどが、ドレープをたっぷりとって

豪華な衣装としている。

しかし、着物文化には、ドレープはない。

能衣装を身につけているのを見て、つくづくそう思った。

恐らくはしっかりと糊で張りを持たせた、その着付けは

立体的で陰影はあるけれど、どこもしだれていない。

逆に、中に浮かんでいるのだ。

折り紙、、、そう、折り紙のようだ。

ふくらみも折り紙のふくらみと同じ。

もちろん、柔らかい女性の着物のように、

しなやかに着る衣装もあるけれど、

それでも帯はまるで動かず。

—-

昔、古着の着物を選ぶフランス人女性の帯選びと、着付けを手伝ったとき

私の帯結びをささっと直して、

「この方が、ドレープが出るでしょう。リボンにはドレープが必要」

と、言われてしまったことを思い出す。

その女性にはドレープの効いた帯結びが似合っていた。

——

日本の布は、浮かぶ布、空気をはらんでふくらむ布。

不思議な荘厳。

アートギャラリー穂高

Posted in 安曇野, 色と染めのこと | No Comments »

インドシルクストールのいくつかは

穂高駅直結 アートギャラリー穂高さんに

現在あります。

お近くの方はどうぞご覧下さい!

写真上は、緑部分はヤマモモ×藍(生葉)

青部分は藍(生葉)

写真下は茜と藍(生葉)の重ね染めのグレー

ちなみに日本の古代からの染めでは

純粋黒を、藍染めと茜の染めで実現していました。

 

あぜ道

Posted in 安曇野 | No Comments »

梅雨の晴れ間の、あぜ道から。(沖縄は梅雨明け、今年の夏は如何に)

安曇野と、能

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

そういえば今、安曇野の図書館「みらい」の

展示は、お能の衣装、扇面等です。

「みらい」の展示は、いつも、なかなかスバラシイと思っています。

安曇野とお能、実はお能の無形文化財保持者、

故 青木祥二郎 さんは、現安曇野市のご出身でした。

そのお陰で、今もそうそうたるメンバーによる

薪能が堪能できる、、、どころか、

習うことすら出来ます。

衣装の展示を見て、つくづく安曇野って意外なつながりが

広がって、良い町だと思うのでした。

能衣装、そめおりしてみたいー

雨の安曇野スタイル市でした

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

展示終了しました!

ありえない、5月の台風の中、松本クラフトフェアの二日間、

安曇野方面でも、さまざま関連イベントがあり、

安曇野穂高では、「安曇野スタイル市」手作り品のチャリティー市が

あるということで、急遽参加してみました。

地域の図書館でのイベントで、今回で2回目だそうですけど

子供達には楽しい体験が盛りだくさんでした。

展示は緩く島がある程度でしたので

作家さんやお客さんとお話しする時間も場所もたっぷりあり

私は、みなさんに認知して貰うことが出来、

異分野の作家さんや、作品、その背景を知ることが出来ました!

輪が広がって目標達成です。

お嫁に行ったストール達も、この町にいると思うと

なんだか嬉しい感じ。

織り染めに興味のある人たちとも、展示を通じて知り合えました。

ここからのご縁で、色の講座のや、秋の展示等、、、

乞うご期待!

つがい

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

寒さは戻ってきたけれど

日差しが高くて、青い空には

鳶のつがい

高い松の梢には

烏のつがい。

そういえばひな人形も、、、。

結晶

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

新学期始まって、いよいよ寒さが本番、、の新春の安曇野です。

北の雪国はだいぶ降っているのでしょう、

風に乗って、安曇野に細かな雪がやってきました。

肉眼でも見えるぐらいの

とてもきれいな雪の結晶が服に突き刺さったのですが

風に吹かれて飛んで行ってしまいました。

結晶の写真を撮ってみたのですが

この時に使ったルーペは織り用のものです。

織り用のルーペの上に、iPhoneのレンズを当てて。