紹介

Posted in | No Comments »

和泉田 仁美(いずみた ひとみ)
東京生まれ、現在は長野県安曇野市在住 。

紅師33代目の前田雨城氏に師事。

理論、歴史など染めについて多方面から学びつつ、

前田雨城氏指導のもと、 古代の色彩を染め得る技法の探求を続け、

現在独立して安曇野市内に工房を持つ。

植物染め講座も主催。

全国植物染織研究会所属

作品の購入方法、制作依頼、講座につきましてはメールフォームよりご連絡ください。

1965年 東京都生まれ幼少より、色と布に興味があった。
1989年 武蔵野美術大学工芸工業デザ インインテリア専攻卒
芦原建築設計研究所勤務
京都に 足しげく通う
1994年 設計事務所を退職の後イラストレーション、プロダクトデザインの仕事をする
1995年 正倉院展等、関西に通い、古い裂の勉強を始める。
1998年 仕事の傍ら染織技術を学ぶ。
1999年 国立博物館法隆寺宝物館の古 代の染めの布を目撃し衝撃を受ける。その後前田雨城 氏の染め作品に出会い、色のすごさに圧倒される。その日のうちに本屋に立ち寄り、前田雨城著「ものと人 間の分化史〜色〜染と色彩」を購入し読む。後「日本 古代の色彩と染」を図書館で読み、古代の染めの探求 に入る。
2001年 奈良県へ移住
2003年 男児出産 母となる
2004年 前田雨城先生に師事する
2005年 許されて染めの教室を開く
2009年 最終口伝をいただく。長野県安曇野市にて工房を持つ。以後制作活動等。

なお、サイト内全ての画像及 び文章の著作権は、和泉田仁美に帰属します。転載及 び複製、転用の場合はご一報の上クレジットを明記し て下さい。