Archive for 5月, 2011

安曇野スタイル市

Posted in 未分類 | No Comments »

28日に安曇野スタイル市開催が

さしせまってきました。

今までやっていなかったこともやってみようと言うことで

練り絹の古伝染め以外に

生絹(未精練の絹)の染め

それからウールの染めに取り組みました。

絹の古伝の染めはやはり高価なモノ。

生絹やウールを染めることにした理由は、

酸やアルカリに強い、洗濯に強い、という条件が守れる

染めが出来る事がわかったからです。

生絹の為の染料や色は限定的で

ウールも生絹も

経年による色の変化は避けられないですが。

生絹は媒染剤を利用しません。

ウールは金属イオンを強く取り込む性質がありますので

大いに利用しています。ただし、色を入れるには

例外はありますが、原則として高温(沸騰)が必要です。

結局、簡単な染めはない〜これが、挑戦してみた感想です。

それでも、古代の染めは別もの。

と言うわけで、

色々な染めを展示します!

画像は後日。。。