Archive for 3月, 2011

春、始動。

Posted in 日々 | No Comments »

色々なことが一辺に起こり

しゃべりたいこと、書きたいこと、

このブログには入りきらないほどの思いはあれど

それとは関係無く

今安曇野は明るい春を迎えています。

(梅が咲いた程度ですが)

そして、安曇野の色々な動きも始動しています。

今日は、安曇野スタイルや市に参加を表明してきました。

それから、近所のリンゴ園の剪定が終わり

枝を沢山貰ってきました。

主にストーブの焚き付けようですけど

染めにも使えるかもしれません。

古代の染料ではないのですが、地元のモノを使って

何かを作り出してみたい。

穂高神社のご神木等の落とした樹皮と一緒に染めてみようと思っています。

人間だし、動物だし。

Posted in 日々 | No Comments »

風邪気味と、連日の地震で

集中力続かず。

頭が、魂がが休まらない。

人間には共感能力がある、と

以前学者が言っていた。

だから、日本中が、世界中の心が揺れている。

これが人間。

また、震災以来、夜眠りづらい人が多かったと思うけれど

(私もその一人)

これは、防衛反応で。非常事態に備えているらしい。

それが動物。

正常な反応に乾杯!

昨日は想像もしない今日

Posted in 日々 | No Comments »

ツイッターで

「昨日は想像もしない今日」と

書いていた人がいた。

マグニチュード8.8地震。

専門家も

予想もしない形でやってきたプレート地震らしい。

スマトラ島の津波を対岸と思っていたのは

昨日までのこと。

火災の状況も未だよくわからない。

ツイッター上の震源近くの人たちは

ほとんどつぶやかない。

本当に甚大な被害が見えてくるのは

今後。言葉もない。

当事者はいま、

最大限の力を出していらっしゃることだろう。

そしてまた明日も

想像もしない今日がやってくる。

もったいない

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

試しなのでなるべく内々で消費するような糸だけで

織り上げたかったのだが、どうしても糸がぎりぎりで

足りない足りない。

10分ぐらい悩んだ末に、

カリヤスと紫による「あを」と

やまももによる「やまぶき」色の糸を

使う事に。

急いで糊付け。

もったいないなあ。と、ケチ根性。

ほんの少し使うだけなのだが。

これからもっともっと、

飽きるほど、この色を染めよう。

実感と時間

Posted in 糸と布, , 色と染めのこと | No Comments »

見本布やら染料を炊き出すのやら、

新年改まり非常に慎重に今のところ、失敗無く。

しかし歩みは亀のように遅い日々。

織り解禁になった今年。

織りの組織の新しい糸の組み合わせを試すために

半分は失敗と言える糸をとうとう経糸にした。

緯糸も管に巻き取っている。

その時糸へのひどい仕打ちは

全部自分へと跳ね返る。

失敗の度合いを実感するとき。

作業がはかどらないのだ。

そして勿論、色だってだめだ。

しかし時間はない。なるべく急いで

ここを通り抜けなければならない。

つがい

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

寒さは戻ってきたけれど

日差しが高くて、青い空には

鳶のつがい

高い松の梢には

烏のつがい。

そういえばひな人形も、、、。