Archive for 6月, 2010

波打ち際

Posted in 日々 | No Comments »

日常が、人間社会のいろいろな問題で満ちあふれていても、

心の奥、表現の波打ち際は、別の風が吹いてる。

どこに

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

問題は、どこに重心を置くのかだ。

真綿紬糸

Posted in , 色と染めのこと | No Comments »

久しぶりに、真綿紬糸を探して購入し、染めに挑戦してみている。

真綿の糸の特性として、繭の全部が含まれていること

完全な精錬には適さない、できないこと

等がある。

真綿の特性を活かした状態では

どうしても染めムラになるし

色も所定の色にはならない。

しかし、真綿糸の性質が布に与える効果は

得難い。特に、無練りの糸は

特徴的な効果を発揮する。

なんとか、つかえないかしらん。。。

しかし

Posted in 日々 | No Comments »

しかし、、、と思う。

染めに比べれば、多分、

その他の部分は地道に学んで行かれるものだ。

そうでなければ、10年以上のキャリアが

私ごときに染めを学びに来ることはあり得ない。

失敗しない人がいるなんて

あり得ない。

かくして、今日も今日の課題を

淡々と。

構図

Posted in | No Comments »

友禅の修行中の知人が構図について語るのを聞いていて、

構図って怖いな、なんだか底なし沼のようだわ、と思った。

やる気

Posted in 日々 | No Comments »

関西の友人と

久しぶりにメールのやり取り。

知人のブログを覗いて、、、

関西の京都の風を感じて、

もやもやが吹き飛ぶ。

さあて、進む方向はあっち。

一つの色の

Posted in 色と染めのこと | 1 Comment »

植物の持ちうる色彩は

複合的な作用である。

多くの波長域、特に

紫外線領域を持つ。

それまでも染め付ける。

そのことで、色は

一つの色という単純な物ではない

何かにつながっているような

光のメッセンジャーのような存在へ。

deep forest

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

深い森を歩く。

生き物も私たちも

小さくて。