Archive for 12月, 2009

大晦日、雪。

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

SBSH0084

今年最後の日は、夜中から雪。

家の中は暖かいから、

大人は、きれいな景色に閉じ込められながら

ゆっくりと年越しの支度にいそしみ

子供は、外で遊ぶ。

関東育ちの私にとって、冬とは、寒い風のこと。

風は風速1メートルで、体感温度が1度下がるから、

10メートルで10度下がる計算。

加えて湿度は20パーセントぐらいに下がるため、

関東の冬は余計に寒い。

安曇野は寒くないです。風はなく、穏やかに降る雪。

さてさて、

今年一年も、家族や両親や、いろいろな方に助けていただいて、

無事切り抜けられたこと、感謝の念に堪えません。

私は、大晦日だというのに

ちょっと思いついた染めの実験をしたり、そんな変わらずなのですが

引越して、新しいいろいろな出会いがあり、

来年に向けての方向性も見えてきた今日この頃です。

とにかく、あらゆる事が始まったばかりです。

来年を実りある年にしたいと願うばかりです。

これまで出会った皆さん、これから出会う皆さんにとって

来年もすばらしい年でありますように。

今年の色

Posted in 糸と布, 色と染めのこと | 2 Comments »

P1010007

風にさらしている布や糸を桐箪笥にしまう。

今年、染められるようになった色達。

すほう、紫、紫による捨て汁染め色、鈍色、

ヤマモモの緑、捨て汁染め、山吹、木賊、黄金色。

来年にはまた、この辺り一帯に多い針葉樹や、栗の色も

染めていくだろう。

4年前

Posted in 安曇野, 日々 | No Comments »

SBSH0074

有明山に雪が降っているなと眺めながら

携帯を取り出すと、珍しい友人よりメール有り

共通の友人の件でとあり、

不吉な予感す。

共通の友人は4年も前に、この世の物ではなくなっていた。

それも、自ら望んでのことであったと。

私たちはしばらく、無力さにさいなまされながら、

元気よく悪態をついて電話を切った。

友達って言うものは、そんなものじゃないはずなんだ。

水。

Posted in 色と染めのこと | No Comments »

古代の染めのおしえには

一に水、二に水、、、そして、根気

というのがある。

水。

穂高は水に困ることはない。

土地の人に聞いても

「水だけは良い」という。

(風景も良いですが、、、)

地元の人が、沖縄に旅行に行って、お酒ばかり飲んでいたので

地元の名水でも飲んでみようと、、、、

ホテルの部屋の冷蔵庫を開けたら、

「安曇野の天然水」が入っていたので

がっかりしたとか。

その話を聞いて、私が受けたショックは、

安曇野の人は、

どこにでも名水があると思っている!こと!

たかが水、、、されど水、、、、

私には宝も、土地の人には当たり前、、、、、

初心者

Posted in 日々, 色と染めのこと, 講座 | No Comments »

昼間は、染色の講座、

夜は、薪ストーブの火の番をしながら、

帯締め用の糸を染める。

ストーブは当たり前だが、

講座も、染めも

全て初心者のように未だ慣れない。

(誰もそう思ってはくれないかもしれないが!)

慣れないことが実は好きかもしれない。

人生、

いつでも、新しいことがある方がいいにきまっている。

さあ、明日はまた織りと格闘。。。。。

51 Pegasi b

Posted in affected | No Comments »

秋の四辺形を構成するペガスス座。

その中の、

ペガスス座51番星b

愛称ベレロフォンは、

初めて発見された、太陽系以外の恒星のもつ

惑星。地球から光速で50年ほど。

木星の半分の重さなのに、倍の大きさがあるという。

しかも、恒星のすぐそばを回っているらしい。

そして、公転周期はなんと4日ほど!!!!!

太陽系の常識では思いも付かない、

光と物質世界の不思議。