綜絖新調

Posted on 金曜日, 7月 31st, 2009 at 11:09 AM

DSC03519

いろいろなことが同時進行中。。。。

そのひとつが、織り機周り。

まずは、糸綜絖を新調。

以前のものは自分手作ったもの。今回は西陣のプロにお願いしたもの。

綴織り(つづれおり)で使われるものと同じ(糸を通す場所が違いますが)。

制作をしてくださったのは、京都の富坂さん

綜絖一つにノウハウがたくさんあることを初めて知りました。

まず織りたいもの、それを織ることの出来る織り機があるのですが、

それを踏まえた上で、綜絖糸の材質から、太さ、、、、、。を検討して頂きました。

 

綜絖を長持ちさせるにはいろいろと使用上のこつがあり

使用中に丸棒を回しながら、ナイロン糸をなじませていくのだそうです。

(上手に表現できない!)

そして、縦糸通しもお願いして、完璧にできたものを、私は織り機にセットするだけ。

 

そのセットも無事終了。非常にスムーズな動き。

富坂さん、ありがとうございました!

You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Responses to “綜絖新調”

  1. 富坂綜絖店 より:

    セット完了。御目出度御座います。
    スムーズな動きをしているとの事。一安心です。
    織りをされる場合、織る技術があっても、使う綜絖が
    緻密に計算されたものでないと、織りにくい場合がありますが、今回、製作させて頂いた糸綜絖は、織る方がおり易い
    ように製作させて頂きました。
    そして、まだまだ、使用上の色々なノウハウもあります
    ので、お尋ね下さいませ。
     当方も、手作りの織り機を本日、組み立てし、アルパカ
    の糸を整経し、マフラーの織り出しを始めました。
     織るという事は、本当に楽しいですね。

    作品が出来たら、又、拝見したいで~す。

  2. hizumita より:

    先日はまた押しかけまして、いろいろとお世話になりました。アルパカも無事拝見することが出来ました☆
    織ることは、本当に興味の尽きない世界です。
    とりあえずは考えすぎず、やってみます!

Leave a Reply