塩蔵の繭

Posted on 金曜日, 7月 31st, 2009 at 11:28 AM

同時進行その2。

コラムにも登場した、農業生物資源研究所の先生から繭が届きました。

DSC03521

塩に漬け込まれて保存が可能となった繭です。

この繭は研究用(標本?)ですから、分量はそう多くありません。

10㎝×25㎝ぐらいの容器に100粒ぐらい入っていて

それが6パックですから600粒と言うことになります。

感想繭に比べると、しっとりしていて臭いもなく、期待大。

塩のミネラルで糸の性質は勿論、染色性がどう変っているのか。

自分で糸や真綿を作りこれから試験します。

試験結果(作品)を永易先生に報告しなければならないので

緊張です、、、。でも楽しみ。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply