浴衣柄の涼

Posted on 金曜日, 7月 17th, 2009 at 1:52 PM

DSC03517

久しぶりの雨空。でもさすがに7月なので蒸し暑い。

捜し物をしていたら、タンスの中に涼を見つけた。

だいぶ昔、今は無き銀座「京や」さんで求めた

浴衣の柄。

紅梅地の両面に柄を型置きし、藍染めにて染めていく。

柄の型は、「京や」さんに、明治期から伝わるもので、

8年に一度ぐらいのスパンで使ってきたものということだった。

下の写真の鯉の滝登り柄は、いつか着こなせるようになるのかどうか?

DSC03516

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply