ネスターマーティン

Posted on 日曜日, 7月 12th, 2009 at 10:48 AM

京阪エンジリアニング@京都にて

ベルギーの薪ストーブ「ネスターマーティン」を体験。

ネットで知り、性能の良さは予測しつつ、、、、、、

その性能の良さに、感服。

主にアメリカの鋳物ストーブが主流の日本。それらのストーブは

たとえれば、マニュアル車。

ネスターマーティンは、オートマティック車、しかも、ハイブリッド。

 

もっとすごいストーブもあるので、すごいとはいえ、

ネスターマーティンは庶民のストーブ。

スイスのトーンヴェルク ラウゼン社。

http://www.woodstove.voo.jp/tonwerk/index.html

 

今日の勉強のまとめ。

鋳物薪ストーブの生命線である鋳物技術は、ベルギーとイギリスがすぐれている。

(日本は、小物の鋳物技術に優れているとうこと)

アメリカのメーカーも、実は、ベルギーの鋳物を入れて、組み立てだけ国内、、、

というところもある、らしい。

中国製造の某メーカーのストーブは使っているうちに、割れるらしい!!!

 

アメリカの環境保護庁(EPA)の基準は厳しすぎる上に、政治力の問題なのか、

データにえこひいきが感じられるらしい。

排出ガスがクリーンで燃費も良いとのデータのストーブでも、

アメリカ製は近所からクレームが出る。目に見える黒い煙が出ちゃうらしい。

燃焼効率世界最高基準なはずなのに、、、、。

都市部で使うなら、ネスターマーティンが絶対おすすめとのこと。

使っている体感で、燃焼効率80パーセントを感じられる

信頼できるストーブだから。

(私も実際炊いているときにみたけど、煙は見えず)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京阪エンジリアニングさんは、

ネスターマーティンで料理が出来るパーツを商品化していて

中でピザが焼ける!(ダッチオーブンを使えば、パンも焼ける。煮物も出来る。)

中央ぐらいに設置する鉄板の上で焼くのだが、

空気調節により、空気を絞ると鉄板の下の広葉樹の薪は炭のように

赤くなるので、ピザが遠赤外線で焼け、

わずか出る煙に火が付いて、燻製の香りと黄金色の焦げ目がつく。

こんな事が、炉内で出来ちゃうなんて、、、、。

空気調節能力のすごさにびっくり!

空気を絞り込んでも、火が消えることはないし、

炉内の温度が変化することもない。

天板の上は常に180度に保たれ、安定した静かな揺らめく炎が続く。

これ以外のストーブは、今のところ無いのでは、、、。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply