交信

Posted on 土曜日, 6月 20th, 2009 at 6:34 PM

はやぶさは、ミッションでのアクシデントにより、

何度も交信が途絶えた。

すべての電源が落ち、プログラムも使用不能になった。

が、長い時を経て再び小さい発信を始める。

太陽のある限り発電が出来るためだ。

プログラムは何度も作り直され、

一時は8bpsという速度でプログラミングが送り届けられた。

これは、一秒間にローマ字一文字の速度。

 

何度でも、何度でも、どんなときでも続けることが出来る強さ、

その明るさ。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply