shawl

Posted on 月曜日, 5月 11th, 2009 at 4:43 PM

p5110003

この写真の生地は、京都の個人で動かれている白生地問屋さんが、

関東の機やさんとやりとりの末に完成した絹のショール。

2重織りで、表は生絹(すずし)裏は、生糸と練り糸。ごく少量、化学繊維。

極細糸で、透ける。

生絹のショールはあまたあるが、張りがあり、体に添わない。

なので、体に添いながらも、張りとふくらみがある、エレガントな布を作られた。

たった1パーセントだが化学繊維を用いることで、

絹の強撚糸でつくる通常の縮みとは異なる、

ふくらみのある表情の布に仕上がっている。

(撚糸での縮みは、布がぺったりとしてしまう)

 

ほかにも、羽衣のような軽く薄いショールも。

こちらは、はじめにすべて先に精錬した絹で織ってみたところ

糸がよれてしまうので、緯糸を半分ウールにされたという。

不思議な甘い肌触りと軽さ。半透明な。

p5110002

こんな世の中だけれども、こんな世の中だからなのか、

生まれるものもある。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply