Cosmic ray

Posted on 火曜日, 3月 10th, 2009 at 4:09 PM

これは、宇宙空間を飛び交う放射線(宇宙線)を視覚化する装置。

いろいろな放射線のうち、電気を帯びた素粒子が、

低温アルコールの過飽和蒸気の中を通り抜ける時に

その軌跡が飛行機雲のようになる。

 

1912年、イギリスの物理学者C.T.R.ウィルソンの発明。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply